まつ毛トラブル

マツエクのメリット・デメリット【定期的なメンテナンスが大切】

普段からオシャレのためにマツエクを付けている方も多いと思います。

マツエクは自まつ毛につけることで、簡単にまつ毛のボリューム感を出すことができるので若い女性を中心に人気があります。

「目元を強調させたい」と思うときに、マツエクを付けることで自分の理想の目元を演出することができ、見た目の印象を華やかにしてくれるんですね。

また、最近ではマツエクの種類も豊富になり自分の用途に合わせてマツエクを付けることができ、益々利用する方が増えているのですが、マツエクには当然メリットとデメリットもあります。

そこで今回は、マツエクのメリットとデメリットについて紹介していきます。

マツエクの3つのメリット

マツエクのメリットについて紹介していきます。

1.アイメイクにかかる時間を減らせる

マツエクを装着することにより、アイメイクにかかる時間を減らすことができます。

アイメイクには、ヒューラーでまつ毛にカールを付けること、マスカラを塗ること、アイラインを引くなど、いろいろ手間と時間がかかります。

マツエクには、元からカールが付いていてボリュームもあるので、アイメイクにかかる時間を大幅に減らすことができるんですね。

地まつ毛に直接エクステをくっ付けるのでデザインにもよりますが、3〜4週間ぐらいは効果が持続します。

2.目元を自分の好みに変えることができる

エクステはカールの強さ、長さ、色などを自分好みに組み合わせることができます。

例えば、自分の目が少しきつい印象を与えていると思うならば、目尻のエクステを長くしてカールを緩くすることでタレ目にさせることができますし、一重が気になるならば、カールを調整させることで二重に見せることができます。

このようにして、カールを調整させることで、自分の好きな目元に変化させることができてしまうんですね。

おかげで、目元にコンプレックスを抱いている人も、マツエクをすることでコンプレックスを解消することができます。

3.目元のケアを習慣づけることができる

マツエクの効果を持続させるには、普段から目元のケアを行う必要があり、マツエクを付けることで目元のケアを習慣づけることできます。

目元のケアを怠るようになるとまつ毛の状態が悪くなって切れ毛になったり、抜け毛が増えてしまいキレイな目元を維持することが難しいです。

もしも普段から目元のケアを意識していないのであれば、マツエクを付けることで目元のケアを定期的に行うように習慣づけることができます。

マツエクの2つのデメリット

マツエクにはいろいろなメリットがある一方、デメリットもあります。

1.費用がかかる

マツエクは持続性がありますが、他の毛よりも生え変わるペースが早いのでもって一か月程度です。

また、デザインが崩れてしまうこともあり、その際は施術を受ける必要があります。

毎月数千円の出費がかかり、これ以外に維持費などもあるため、マツエクを維持するには相応の費用がかかってしまいます。

マツエクを付けるためには、ある程度のお金が必要になるので、費用の点からマツエクを付けることを辞める人も意外と多いです。

2.目元に負担をかけてしまう

マツエクを付けるメリットは多いですが、実際につけていると目元へのダメージの原因になっているんですね。

例えば、マツエクはある程度の重量があるため、地まつ毛やまつ毛の生え際が引っ張られるようになり、毛が抜けやすくなってしまいます。

軽量タイプのマツエクもありますが、それでも多少はまつ毛に圧力が加えられるので、まつ毛を痛めてしまう可能性は0ではありません。

また、マツエクを付けることにより、目に刺激を与えることにもなるので、炎症やかゆみなどの症状を引き起こすこともあります。

そのため、まつ毛美容液を利用して定期的に目元のケアをしてあげることが大事になります。

まとめ

マツエクにはメリットとデメリットがありますが、しっかりとケアをしてあげれば問題ありません。

マツエクのメリットを最大限に生かすには、まつ毛美容液で定期的にメンテナンスをしてあげることが大事になります。

美しい理想の目元を維持するためにも、まつ毛美容液でしっかりとケアし、マツエクの効果を最大限引き出せるように日々のケアを怠らないようにしましょう。