まつ毛トラブル

まつ毛が生え変わる周期【まつ毛美容液は周期が早まるのを防ぐ】

まつ毛も髪の毛と同様で生え変わる周期があり、ケアをしないと生え変わりのサイクルはどんどん短くなってしまいます。

そこで今回は、まつ毛の生え変わる周期・周期が早まるのを防ぐ方法について紹介していきます。

まつ毛の生え変わりの周期とは

まつ毛の生え変わりには毛周期と言われるものがあります。

毛周期には成長期、退行期、休止期の3つが存在し、これらが1つのサイクルとなって、まつ毛は生え変わっています。

それぞれの周期はどのようになっているのか見ていきましょう。

成長期

毛が成長する初めの段階です。初期の段階では産毛のように薄くて細いまつ毛のようになります。皮膚の中から毛の成長は始まっており、その時に栄養を取り込んで、毛を太くしていくんですね。

退行期

退行期に入れば毛の成長が止まってしまいます。

毛根が上へと押し上げられていくので、毛が抜けやすくなってしまい、簡単な刺激で直ぐに抜け落ちてしまいます。

成長も止まってしまうので、まつ毛が伸びることもありません。

休止期

休止期は毛が抜け落ちる時期になります。栄養が取れなくなって成長が休止し、抜けた毛の後のために成長期に入るための準備を行います。

そのため、まつ毛にエクステなどを付けようとすると、直ぐに落ちてしまうこともあるので、 まつ毛の休止期の間はまつ毛のエクステなどをあまり付けない方が良いかもしれません。

まつ毛の生え変わる周期の目安

毛周期には成長期・退行期・休止期がありますが、毛周期の期間には違いがあり、 個人差があります。

まつ毛の場合、生え変わりのサイクルは3週間から4ヶ月ほどくらいが一般的です。 この毛周期は他の毛に比べるととても周期が短いサイクルなんですね。

全てのまつ毛が生え変わるためには、3ヶ月ほどはかかると思います。

まつ毛の周期が早まるのを防ぐには

まつ毛の周期はおおよそ決まっていますが、周期が早まるのを防ぐことでまつ毛の数を増やすことや長くすることもできます。

そのためにはどうすれば良いのか紹介していきます。

ストレスなどをためない

第一に、体のストレスを溜めないようにすべきです。体にストレスの負荷がかかっている状態であれば、ストレスからまつ毛の周期が早くなり、 直ぐに抜け落ちていってしまうことがあります。

ストレスを溜め込む原因としては、食事制限を課したダイエット、日常生活にかかる精神的 負担などがあるかもしれません。

適度なストレスは問題ありませんが、過度にかかるストレスには注意が必要になります。

まつ毛溶液を使用する

まつ毛溶液を使用してまつ毛に栄養を送り込むことで、まつ毛の周期に変化を加える こともできます。

まつ毛に栄養がしっかり行き渡れば、その分太くて長いまつ毛にすることができます。

また、まつ毛溶液を使用することで、退行期に入るのを遅らせることができ、毛細細胞の細 胞分裂を促進して成長をぐんぐん促してくれます。

成長を早めていくことも可能になんですね!

さらに、まつ毛溶液にはトリートメント成分も配合されているので、マスカラやビューラな どで受けたダメージを修復してくれる作用があります。

このようにまつ毛溶液には、まつ毛の促進とダメージ補修の力が備わっているので、自まつ毛を増やして育成することが可能なのです。

ぜひ、まつ毛美溶液で生え変わりのサイクルを長く保てるようにしておきましょう!

オススメのまつ毛美容液はシリーズ累計売上250万本を誇る『ビューティーラッシュLIMITED』。

最近では、元乃木坂46の衛藤美彩さんがCMに出演し、大きな話題になった商品ですね!

『ヒアルロン酸・アミノ酸・ビタミンB群』といった豊富な成分でしっかりとまつ毛を保湿、『天然植物エキス』でパッチリまつ毛を育成することができる大人気商品です。

当サイトでも詳しく解説しているので、気になっている方は要チェックです!

>>公式サイトはこちら